スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2012年09月26日

飛騨展商品ご紹介

すっかり気温も下がり、秋らしい季節になりましたねicon01

気温の変化に体が追い付かず、バテてしまいそうになりますが、気合いで乗り切りたいと思いますicon22


さて、北欧デザイン 飛騨高山の家具展 も第2週目に突入いたしました。

ご来店いただいたみなさま。ありがとうございましたgirl


飛騨の家具の素晴らしさ、奥深さをみなさまにお伝えできていたら嬉しいです。

引き続き、飛騨の家具展 アカネヤ店内にて開催中ですので、どうぞご来店くださいませ。




今日は初めに、先週末に入荷したこちらの家具をご紹介します。





食器棚 + サイドボード


どちらも飛騨の家具です。





扉はプッシュオープンになっていますので、開け閉めの作業がスムーズに行えます。


引き出しも使いやすい大きさですicon12





そして、なにより!!!

この木の香り。

文面ではお伝えできないのが残念ですが、扉を開けた瞬間の香りがたまらなくいいんです。


ホンモノの香り。

ぜひ、店内で確認してみてくださいね。



ボードの上にあるパネルは職人さん達の写真です。

受け継がれてきた技術でひとつひとつ手作りされている家具は、機械生産にはない優しさがあります。

作り手の顔が見える家具。

それがicon12飛騨高山の家具icon12なのです。



「ホゾ」「ダボ」を使っての加工はまさに職人技!

金具を使わずに組み立てた家具は、丈夫で長持ちしますよ!!



右側が「ダボ」 真ん中が「ホゾ」 左側が「ダボ穴」になります。


これがぴたっとはまると、不思議なことに全く抜けません。

単純に「素晴らしい」の一言です。



その技術が顕著に表われるのは椅子です。

椅子は様々な癖や体形の人が座るので、どんな人が座っても大丈夫なように作らなければなりません。

一番手を抜けない家具。

だからこそなんともいえない掛け心地が実現するのですboy



一部ご紹介します。





復刻版の椅子。


座高が若干低めで座りやすいです。
スタッフみんなお気に入りkao1




板座の椅子も人気があります。



椅子の掛け心地は人それぞれ違いますので、いろいろ掛け比べてみてくださいね。

お気に入りの1脚が見つかりますようにgirl



飛騨高山の家具展ですが、好評につき、10月14日㊐まで延長しての開催が決まりましたicon14icon14icon14


今週末にはソファも入荷予定です。

どうぞご覧くださいませ。



  


Posted by アカネ at 23:49Comments(0)アカネヤ イベント情報

2012年09月18日

飛騨の家具展、開催中。


突然ですが、

昨日仕事を終えて外に出たとき

あまりに私好みの空だったので、思わず写真に撮ってしまいましたcamera





今日も日中は35度の暑い日でしたが、夕方になるとすっかり秋の空ですねicon02

個人的には秋の夕暮れ時に日本海に沈む夕陽を見るのがたまらなく好きなんです。

明日晴れたら海に行ってみようと思いますicon17



さて、本題に入ります。笑

ただいまアカネヤでは、

「北欧デザイン 飛騨の家具展」

と称して、飛騨高山で作られた家具の展示会を開催しております。



飛騨は豊富な木材資源や環境に恵まれ、昔から家具作りの地として栄えていました。

「飛騨の匠」という有名な称号は、飛鳥・平安時代にまでさかのぼり、平城京や東大寺の造営に携わった職人のことを指します。

そこで磨いた技術を飛騨に持ち帰り、伝統を受け継いで築き上げられた飛騨高山の技術には、他では到底真似ることのできない歴史があります。

その歴史の奥深さが最良の家具となって生まれるのです。

その素晴らしさは触れてみてこそわかります。


今回は一部ですがご紹介したいと思いますicon12


店内に並べられた飛騨高山のダイニング。




様々なモデルをご用意しております。



基本的に当店で扱う飛騨高山で作られたダイニングは、無垢の板を使用しております。

無垢なので重量はありますが、張りものと比べて耐久性があります。

また自然な木の風合いが、より雰囲気を高めてくれますicon12


飛騨高山の家具の特徴として、普通は捨ててしまう木の節を生かして敢えて使っています。



もちろん乾燥技術はしっかりしていますので、節からの劣化などの心配もありません。

そして、すべて一点ものになりますので、節の出方は様々です。

天板の節模様は届いてみてからのお楽しみとなります!!





今回の展示会では当店人気NO1の商品から新たに入荷したものまで、幅広く展示しております。

サイズもオーダーが可能ですので、お部屋の広さに合わせて選ぶことができますよ。

ぜひご覧くださいね。




北欧デザイン 飛騨の家具展 は9月30日㊐まで、家具インテリア アカネヤ 店舗内にて開催中です。

期間中にご成約いただきましたお客様には、飛騨高山の特産品をプレゼントさせていただいております。


また、店内では積み木や木琴を使った「木育体験」のコーナーもございます♪♪♪



先週末3連休に遊びに来てくれたお子様たちの楽しそうな声を聞くと、私たちも元気になれましたgirl

素敵な笑顔をありがとうございましたicon22



それでは、次回のブログも飛騨高山展からお勧めの商品をご紹介してきたいと思います☆
  


Posted by アカネ at 22:13Comments(0)アカネヤ イベント情報

2012年09月13日

北欧デザイン 飛騨高山の家具展



9月に入り、今年も残り3ヶ月となりました。

日中はまだ残暑が厳しい天気ですが、朝晩は涼しくなりましたね。

食べ物がおいしい秋kinoko

景色が美しい秋rose

個人的には大好きな季節がやってきますkao1


今日は鳥海山が厚い雲で覆われているので見えませんが、

紅葉していく様をこのブログでご紹介できたら、と思います。




さて、今回のブログは

茜谷社長が行く!!飛騨高山の旅!!!

と題して、飛騨の魅力をお伝えしていきたいと思います。




今月頭の3日間。

2012飛騨高山 暮らしと家具の祭典

へ行ってきました。


平城の都の時代から、神社・仏閣の建立に携わった、飛騨の木のマエストロたちの歴史と志に触れる旅です。





険狭な山間を何度も通り抜け、やっと着いた高山の駅。





まずは、飛騨・世界生活文化センターで、日本で最も歴史のある家具産地の歴史と伝統に触れました。






匠の技ならではの継手。



朱雀門の復元模型。

飛騨の匠が造営に携わったと言われています。


そんな歴史を学んだあとは

いよいよ取り扱い各メーカー巡りです。


特に今回は、15日から当店で開催の

‘’北欧デザイン 飛騨高山の家具展‘’

に向けた準備と買い付けもあり、真剣な一日です。








どれもみな魅力いっぱいの家具ばかり!




また、今回は日本で一番伝統ある飛騨産業㈱の工場見学もしてきました。





木のマエストロたちの説明を伺い、今回も大変勉強になりました。








熟練された技。





普段は見ることのできない制作過程を間近で見ることができて、とても刺激になりました。




最後に飛騨の古い街並みに出て、今回の飛騨展での御成約特典グルメなどを探索してきました。





独特の趣に心も体も癒されます。





飛騨高山名産物。




準備は万全!!!

9月15日から開催の

デザイン
飛騨高山の家具展


をお楽しみに!!



ご来場のお子様も楽しく遊べる

木の積み木で木育コーナー

もあります。

ぜひ、ご家族で遊びに来てください。

お待ちいたしております。


  


Posted by アカネ at 14:06Comments(0)アカネヤ イベント情報